セリフを言う

声優になってボイトレをして声作りをしっかり行うためには基礎から順序良く学ぶ必要があります。
いきなり声優に早くなってもらうために応用から入ってボイトレをせずに喋りばかりやっていても、基本が出来ていなければ素早い成長は見込めません。
つまり、声優として基本的な部分からゆっくり教えてくれる学校を選ぶ事が確実だと言えます。
学校によってはそうしたボイトレの基礎部分についてしっかりと授業内容が定められており、要点をまとめてきちんと教えられているかどうかをチェックするチェックシートが存在します。
ですから、どのような個性的なボイトレの先生に当たった場合でもこの基本は忘れられる事なく教えてもらう事が出来るため、平等に大切な部分を教わる事が出来ます。
逆にこうした共通の定められたシステムがない学校では教える内容が先生によってちぐはぐになってしまい、結果としてこの先生はあの事を教えてくれなかったと他の先生の授業と比較してしまい、不満が残る結果となってしまう可能性もあります。
そうした後悔をしないようにするためにも、最初の学校選びは重要になります。
決められたルールに従って教えると言うと、柔軟性にかけてあまり良くないイメージを持つ方もいるかもしれません。
堅苦しくて面白くないと言うわけではなく、これには非常に大きな効果を秘めているのです。
まず、何よりも効率的に素早い履修が可能だと言う事です。
教える事が学校で決まっていないと、どうしたら効率的に基礎から生徒を成長させられるのかと言った部分を先生ごとで決めなければなりません。
そうなると、どの先生も必死で考える手間が必要になります。
これだと先生側の効率も悪くなりますし、何より授業に統一感がなくなります。
あの授業ではここまで授業が進んだのに、私の所は全く進んでいないと言った事が起こらないようにするためにも、このカリキュラムは効率が良いと言えます。
出来るだけ近道をして声優になりたいのであれば、しっかりと授業計画が組まれた学校へ応募しましょう。

オススメリンク

子供役の声

現場主義が主流

昔は声優というと、舞台役者やテレビ、映画の俳優といったいわゆ…Read more
楽譜を覚える

専門学校と養成所の違い

声優の養成機関には大きく分けて専門学校と養成所の二種類があり…Read more

関連リンク

BACK TO TOP